目のかゆみ(花粉症になる前、なった後に)


花粉症の症状の一つに、目のかゆみがあります。同時に、充血や涙目などで不快な思いをすることもあるでしょう。そんな時、内目尻と鼻の根元の中間のくぼみ「リ明」、目の下の「承泣」のツボを刺激してみてください。指で2〜3秒押したら離すという動作を繰り返し行うことで、除々にかゆみが治り、目がすっきりしてきます。さらに、目尻の外側、指幅1本分ほどの骨のくぼみが「太陽」で、このツボもまた目のかゆみに効果的です。ツボ療法は現代生活で失われがちな自然治癒力や免疫力や免疫力を高めるためにも役立ちます。

鼻づまり


鼻がつまったり、鼻水やクシャミが止まらなくなったりすると、本当に切ないもの。風邪をひいた際や花粉症にかかった時に見うけららる症状のーつです。鼻づまりに悩まされている際にツボ療法では、まず頭のてっぺん中央にある「百会」、内目尻と鼻の根元の中間のくぼみ「清明」、小鼻の両脇の「迎香」を押さえます。このほかにも、人差し指と親指の間のくぼみ「合谷」というツボが昔からよく効くとされています。また、アレルギー体質で花粉症などによる鼻づまりには首の後ろの根元、弟1胸椎棘突起のツボを押さえるのを忘れないようにしましょう。しかし、ツボ療法にだけ頼るのではなく、規則正しい生活を心がけ、免疫力をたかめる努力も忘れずに。
  次の記事へ